6月に読んだ本の記録ーエンジニアのための時間管理術、漫画貧乏

4873113075エンジニアのための時間管理術
Thomas A. Limoncelli 株式会社クイープ
オライリー・ジャパン 2006-10-19

by G-Tools

  • タイムマネジメント情報は1つのデータベースにまとめる
  • 能力は重要な作業のために温存しておく
  • 日課(ルーチン)を定め、それらに従う
  • 習慣やモットーを養う
  • 「プロジェクトタイム」の間は集中力を保つ
  • 最初の1時間ルール — 平日の最初の1時間はメールをチェックしない
  • ルーチンの例 — 上司と定期的に会う
  • ルーチンに適したもの ー 予定されてない繰り返し発生する出来事、保守作業、人間関係とキャリアネットワーク、作業を先延ばしにすると余計時間がかかる状況、よく忘れるもの、重要度または優先度の低い仕事、新しい能力の育成、最新情報の把握
  • サイクルシステム ー 「メールを開ける前に」今日のスケジュールを立てる、今日の作業リストを- 作成する、優先順位を設定しスケジュールを組み直す、計画を実践する、1日の仕上げをする
  • 長期的なプロジェクト ー 作業リストに、プロジェクト名も記入する
  • 自分のリズムと、会社のリズムとを知る ー 会社の年間のリズム
  • カレンダーはサイクルシステムの一部
  • 何をいつまでに実現したいのか? ー 定期的にレビューする
  • マネジメントは関係であり、関係の発展の一翼を担っているのは自分 ー 上司に自分のキャリアゴールを伝える、上司の建言を利用する場合にのみ委任する、上司の目標を理解しその達成に貢献する
  • 電子メール ー フィルタの活用、読まずに削除、読んだら削除・保管・返信して削除・転送して削除、すぐに実行して削除
  • Excel macroの活用


B00KKD7XSE漫画貧乏
佐藤秀峰
佐藤漫画製作所/漫画onweb 2012-04-17

by G-Tools

  • 原稿料の定義を明確にし、覚え書きを締結した
  • 「君のやっていることは戦争だ。新しいことが始まる時は楽しくてわくわくできなきゃいけない。血みどろの戦いに参加したい作家はいない。もっと楽しそうにやりなよ」ー漫画 on Webのローンチ時にある漫画家に言われたことば

未来が変わる働き方、インストラクショナルデザイン、コミック昭和史

3月に読んだ本の記録。

  • 「未来が変わる働き方」慎泰俊

『「本業とパートタイムのニ軸で働く」ことを通して、世界をよりよい場所にする』という著者の考え方とそれを実現するための戦略・戦術を記した本。著者の本業はPEファンドの投資プロフェッショナル、いっぽう副業ではLiving in PeaceというNPOで貧困削減に取り組んでいる。自分とほぼ同い年で真剣にフルタイムで働きながら、将来のゴールを見据えてパートタイムで目標を定め、仲間を集め、組織を作り、運営して、そしてそれについて文書をまとめて発表している。すごいなぁと感心するしかない。

4799312839未来が変わる働き方 (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
慎 泰俊
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-02-16

by G-Tools

読了したが、実際のコミュニケーションで応用できること・したいことがたくさんあるので、今後も読み返す。

4946553193インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック
島宗 理
米田出版 2004-11

by G-Tools

戦争中もすごかったが、戦後が終わってからの怒濤の水木人生に圧倒された。生きるのはいつの時代もラクじゃないやね。

4061858009コミック昭和史(6)終戦から朝鮮戦争 (講談社文庫)
水木 しげる
講談社 1994-10-05

by G-Tools

  • "Life’s A Pitch: What the World's Best Sales People Can Teach Us All" Philip Delves Broughton

「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか? 」の原著。内容的には知っていることだが、そういう言い回しになるのねーと思いつつ英文を読んでいる。

B007JZVFDKLife's A Pitch: What the World's Best Sales People Can Teach Us All
Philip Delves Broughton
Portfolio Penguin 2012-05-03

by G-Tools

  • Creative minds, Charmed Lives: Interviews at Institute of Mathematical Sciences, National University of Singapore(Yu Kiang Leong)

数学者のインタビュー集。今まで読み終えたのは:Bela Bollabas, Hans Foellmer, Roe Goodman, Bryan T. Grenfell, Takeyuki Hida, Roger Howe

Amazonだと高い+取り寄せなので、万が一興味あるひとがいたら、出版社のページから直接注文したほうがよいです(この出版社の本は、どれもそんな感じ)。

9814317586Creative Minds, Charmed Lives: Interviews at Institute for Mathematical Sciences, National University of Singapore
Yu Kiang Leong
World Scientific Pub Co Inc 2010-06-30

by G-Tools

古都がはぐくむ現代数学・人を殺すとはどういうことか

2月に読んだ・読んでいる本は「古都がはぐくむ現代数学:京大数理解析研につどう人びと(内村直之)」「人を殺すとはどういうことか(美達大和)」「Life’s A Pitch(Philip Delves Broughton )」「Creative minds, Charmed Lives: Interviews at Institute of Mathematical Sciences, National University of Singapore(Yu Kiang Leong)」「インストラクショナルデザイン(島宗理)」「コミック昭和史3・4巻(水木しげる)」。ちょっと手を広げすぎていて消化しきれていないものが多い。

「古都がはぐくむ現代数学」、「人を殺すとはどういうことか」の2冊だけ簡単に感想を書いておく。

4535787441古都がはぐくむ現代数学: 京大数理解析研につどう人びと
内村直之
日本評論社 2013-11-20

by G-Tools

生き生きとした筆致で、日本の数学界を盛り上げてきた人々の活躍が描かれている。京都の数理解析研究所(RIMS)に関わる人を中心に、有名どころの日本人数学者のドラマとその活躍内容をかいま見ることができる一冊。日本は豊かな数学史と文化を持った国だな…と改めて感じ入りつつ読んだ。

もちろんこの本を読んで彼らの(数学での)活躍内容が理解できるわけではないが、新聞記者として経験を積んだ著者の卓越した文章力のおかげで、その香りを感じることができる。こういう一般向けの優れた数学書があって、日本は恵まれているなと思った。また中国の数学者を対象に誰かこういう本を書かないかな? 中国語ならあるかな?


4101358613人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)
美達 大和
新潮社 2011-10-28

by G-Tools

重罪の長期懲役者が入る刑務所内で無期懲役している著者による、自己分析と受刑者観察とそれをもとにした考察。好奇心をそそるトピックだが、そのうえに「読ませる」切れのある文章で、夢中になって読んだ。本人も記している通り、著者の知的能力はかなり高いのだろう。人を殺めたことのある無期刑囚が著作をいくつも発表しているのは、倫理的には微妙なラインだろうが、内部事情を伝えるという点では社会の役に立っているといえる。

刑務所の職員(刑務員)が著者に対して述べた言葉が印象に残った。

「たしかに理屈は美達が正しい。しかし世の中には一足す一がニでない奴もいるんだ。全ての人間が道理をわきまえて生きてるわけではないんだ。ニが正解と知っているのが大半だけど中には、三とか四、五の奴もいる。そういうようにしか考えられないんだ。そんな時に絶対にこれが正しいからといったって、相手には考える事ができない。だからこそ、こういうところへ来てるのもいるんだろう。合理的に考える奴ばかりでないのだから、話をしても分かり合えるはずがない。それに、美達の話し方じゃ、反論の余地もない。どこにも隙がない。これじゃ相手も立場がないし、不満はあるけど論破できない状態でただ不満が募る、腹が立つの繰り返しだ。正しいことを言ってるのに我慢しろとは言わんけど、中には道理が始めから分からない、そもそもの土台の違う奴もいることを考えてみろ」

Lean In: Women, Work, and the Will to Lead

2013年12月〜2014年1月にかけて読んだ本:「Lean In」「株式投資」「親の死なせかた」、水木しげるの「コミック昭和史」1・2巻、それからドラゴンボールを読み直した。「Lean In」は2013年に読んだ本のなかで1・2を争うくらい面白かった。でも2013の1冊を選ぶなら「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」かな。


0753541637Lean In: Women, Work, and the Will to Lead
Sheryl Sandberg
W H Allen 2013-03-12

by G-Tools

日本語版も出ているが、原著をKindle版で読んだ。女性にハッパをかける本なのかな…と思って読み始めたら、ちょっと違った。まったく同じレジュメでも、女性の名前がついてるとネガティブな印象を与えるという実験結果はショッキング。しかも採用担当者が男性であっても女性であっても同じ結果になるという。他にも、キャリア重視女性が良いパートナーを見つけるためにどんなことを男性に訊いているか? 女性より男性のほうがハッタリが上手……等々おもしろいエピソードが色々出てくる。

この本の何よりも良いところは、大前提として

Not all women want careers. Not all women want children. Not all women want both. I would never advocate that we should all have the same objectives.
全ての女性がキャリアを手に入れたいわけではない。全ての女性が子どもを欲しいわけではない。全ての女性が両方を手に入れたいわけではない。全ての女性が同じ目標を掲げるべきとは、私は絶対に言いません。

…という思想があるところ。それは男性についても同じで、全ての男性がキャリアを手に入れたいわけではないということを前提として話しているので、「仕事ばかりでなく家庭も大事にしたい」という男性にも歓迎される内容だと思う。あれこれ抜き書きしたので、このエントリの下のほうに記録しておく。


4822246809株式投資 第4版
ジェレミー・シーゲル 藤野 隆太
日経BP社 2009-07-23

by G-Tools

CourseraでFinanceのコースを取っていた流れで株式投資の関する本を読みたいと思い購入した。投資関係の出版物はシリアスな分析本とゴミみたいな煽り本が入り交じっているが、この書籍は原著も日本語版も新しいデータを加えつつ版を重ねている。なぜ著者が長期的な国債分散株式投資を支持するのか、アメリカの過去のデータを分析しつつ解説している。

参考:
ジェレミー・シーゲルの株式投資〜長期国際分散投資のために読んでおきたい一冊 | ホンネの資産運用セミナー


456981249X親の死なせかた 医者が父母の最期を看取って考えたこと
米山 公啓
PHP研究所 2013-07-25

by G-Tools

はじめはAmazonレコメンドで流れてきた「親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと」に目が留ったのだが、著者がたくさんの本を執筆していることに気付いて著書リストを眺め、親の介護・看取りについて医者が自分自身の体験をもとに書いている本書のほうがエッセイとして読みやすそうなので購入した。

自分の親は一度倒れたものの元気になったので、まだ先のことかなとは考えているが、ひとは誰もが死ぬので、もう少しこういうことを考えるのが一般的になると良いなと自分は思っている。

親御さんの延命治療で苦労しているひとや、海外在住だが親が突然倒れて帰国する間もなく他界してしまったひとの話など、身の回りで聞くことがあると色々考えさせられる。いくら備えていてもコントロールできない事象であるけれども、良く生きることと良く死ぬこととは隣り合わせなので、生き方を考えるのと同じ程度に逝き方を考えることも大事と思う。


以下、「Lean In」からの抜き書き。

続きを読む

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

11月は以下3冊を読んだ。特に「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」は考えさせられる箇所が非常に多かった。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ 社会行動研究会

誠信書房 2007-09-14
売り上げランキング : 715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
社会心理学の古典。「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」でも引用されていた。無意識の習慣、返報性、一貫性、etc.の人の心理的習慣を利用し、人を動かすテクニックとそれに対する対処法を例示している。学問的な筆致だが、どうすれば相手を動かすことができるかというコツを学ぶ本として、またセールスや宗教の勧誘を受けるときどう対処すればよいかというハウツー本として読むこともできる。


なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?
フィリップ・デルヴス・ブロートン 岩瀬大輔

プレジデント社 2013-08-30
売り上げランキング : 17898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハーバードビジネススクールの卒業生でありジャーナリストである著者が伝説的ともいえる成績を誇るセールスパーソンたちを対象にインタビューを行い、何がセールスの成功の秘訣かを探る本。分野・業種を問わず様々な人たちに話を聞いているし、ただモノを売るだけが「セールス」ではないという前提なので、深みがあり面白い。仕事で若干営業ぽいことを始めたのもあり、考えさせられる箇所が非常に多かった。



運を育てる―肝心なのは負けたあと (ノン・ポシェット)運を育てる―肝心なのは負けたあと (ノン・ポシェット)
米長 邦雄

祥伝社 1999-02
売り上げランキング : 31463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「本番に強くなる」で取り上げていて興味を持った。10年以上前に出た本だが、Kindle版で再販している。仕事がうまくいかない…と思ったときに再読したい。印象に残った箇所:「惜福」ー源義経と司馬仲達のはなし。「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ではないのではないかー最後に笑うのは誰か?という発想。


以下、「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」の抜き書き。

続きを読む