読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内クリーニング

久し振りに脳内クリーニングをした。頭の中にあることをひたすら全部紙に書き出して、次にとる指針(行動)を決める。GTDでは、こういう作業を週次レビューと呼んでいる。GTDとはGetThingsDoneという手法のこと。同名の書籍もある。私は「ストレスフリーの仕事術」を読んだ。ただレビューするだけでなく、決めたことをシステム的に管理し、定期的に見直すと良いらしい。同書に、『あなたが「忘れないことを忘れることができるように」システムが稼働しているだろうか。』という一文がある。自分のシステムはちゃんと稼働してると思っていたけれど、しばらく脳内クリーニングをさぼっていたおかげで、何を忘れちゃいけないか、忘れていたような気がする。

今日書いたノートの中身

おもて
  • 足りない
  • 作りたい
  • 身につけたい
うら
  • 自分のMission
  • 好き・大切
  • やりたくないこと

GTDにのっとれば、書き出すのは「やりかけの仕事」と「次にとるべき行動」。私はこの項目名に従うことも、従わないこともある。が、現状を見直して、一歩未来に思いを馳せるのは同じ。それをおもて面に書く。うら面には、具体的な項目名に至る前の思考を整理するために、久し振りに「私にとって1番大切なことってなんだろう?」を文字にする。ちょっとだけ内容を公開すると、私が作りたいものは「価値のある本」「物語」「編み物」*1「料理」「走る時間」「泳ぐ時間」。ちょっと多すぎる気がしたので、身につけたいものは、もう少し絞り込んで設定した。

反省

行きたい場所に行くには、今いる場所がどこかを知らなければならない。

自分にとって大切なことは何か、問題がなんなのか、を書き出してみるだけでも、脳内の垢が落ちたような気分になる。だから私は何かに行き詰まった時や、なんだかうまくいかないなあというとき、近所の喫茶店で珈琲を飲みながら、紙にあれこれ書いてみる。次は「うまくいかないなあ」と思う前に、時間を取りたいな。あと、システム改善の余地ありあり。来年に向けて、「忘れないことを忘れる」ためのシステムも整理していこう。

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

*1:本日、突然編み物をしたい衝動に駆られた。冬だから?