読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョと羅生門

崖の上のポニョ」を劇場*1で、羅生門google video
Rashomon (1950)
- YouTube
*2で観た。

ポニョ

おもしろい。コンテクストとか設定とか謎だらけだし、話の筋はまったくもって人魚姫(id:kany1120:20080524)と同じなんだけど、しっかり宮崎駿ワールドに染まっていて、あっという間の2時間だった。波のうねうねしてる様や、ポニョの変体っぷりの描きようにも、思わず身もだえ。あの世界を脳内だけじゃなく、映画を作成に関わる人々に浸透させて、具現化しきる宮崎監督、すごい。

海が怖すぎて、そこがまたいい。

2008-08-17 - 千切っては投げ

同意!

ただ、「生まれてきて良かった」というコピーだけは違うと思う。

これも同意。狙いすぎなコピーなんて使わず、ポニョの歌だけ流してればいいのだ。

羅生門

黒澤明監督作品を見るのは、これで2回目。50年以上前の(日本の)作品だから、合法的に無料で観ることが出来る。ありがとうGoogleVideo。でも、もし劇場でやっていたら、お金を払って大画面で観たいと思えるくらいに面白かった(実際、以前見た「赤ひげ」は@劇場だった。またどこかの映画館で黒澤明特集やらないかな。)。


以下、Wikipediaに載っているあらすじ。

盗人の多襄丸による、武士の殺害とその妻への強姦事件。この事件について、多襄丸と武士の妻と武士(死んでいるので霊媒師を介している)と目撃者による4人の証言は全部食い違っていた。

芥川龍之介の「羅生門」とは全然違うストーリー。てっきり同内容かと思っていたので、同じ勘違いをしている人は、お気を付けて。

羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)
芥川 龍之介

文藝春秋 1997-02
売り上げランキング : 69142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:id:marqsに誘われたけどアローン鑑賞。良い切っ掛けをありがたう。引越肉でリベンジだ。

*2:発見 via[http://b.hatena.ne.jp/sergejO/:title]