読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚にまつわるFAQ

life

話の種にしやすいのでしょう、報告して回ると色々な質問をいただきます。頭の整理がてらFrequently Asked Questionsとして書き出しつつ、勝手に質問内容を分類してみます。

コミュニケーションを促進する問い

  • いつ結婚するの?
    • いわゆる5W1Hに基づいたストレートな質問。「する」ことを明示する段階に至っている以上、時期を隠す必要はないわけで、最も無難な問いかけです。
  • 引越しとかするの?
    • 同上。遠くに引越す可能性もあるので、今後の質問者と回答者とのコミュニケーションのためにも、お互い確認しておいたほうが良い質問ですね。
  • 相手はどんな人?
    • 同上。回答者にとっては、「どんな」をどこまで言うが悩ましいときもありますが、相手との関係性によって回答をコントロールできるし、話の方向性も自由に設定できるので、良心的な質問だと思います。

やじ馬的問い

  • 結婚式はいつするの?
    • 同上。ただし最近は式をあげない人も多いので、そのような回答が返ってきても質問者は気分を害してはいけません。
  • 相手のご職業は?
    • 「どんな人?」の回答限定バージョン。話が広がる場合もありますが、単純にスペック調査のためだけに訊く質問者も見受けられます。そういうのが見え透いたリアクションをされると、あまり好い気持はしませんね。
  • 相手との馴れ初めは?
    • おそらくこの問いを発する人は「大学で」「職場で」等を期待して気軽に訊いています。例示したように、ある程度定型化された答えの場合は説明しやすいのですが、そこから外れた途端に回答の難易度が上がる、ちょっと悩ましい質問です。ちなみに難易度が上がるのは回答者のみならず。(例題:「ツヴァイで☆」と言われたらどうリアクションしますか?)

ロシアンルーレット

  • 仕事は続けるの?
    • 自分が女なので訊かれる質問でしょう。私自身が「好きを仕事に」系の職を選んでいるので、こういう質問をされるのは心外です。自分の周りは結婚しても働いている人が多いので、あまり訊かれないのが幸い。
  • 名字は何になるの?
    • これも、自分が女なので訊かれるのでしょう。男性が変えることを想定していないんですね。婚前の姓を気に入っていて、しつこく相手に「どっちが姓を変えるか、じゃんけんで決めない?」と交渉を持ちかけるような女もいることをお忘れなく。>id:marqs
  • 子供は?
    • こういうデリカシーのない質問をする人は、阿鼻叫喚の生き地獄に落ちてしまえ。おっと失礼。さすが21世紀で、今のところ1人にしか聞かれていません。


ところで、結婚関連本では「婚活」がメジャーですが、個人的には同じディスカヴァー本でも「結婚する技術」が好きです。

結婚する技術

結婚する技術

もう1つ結婚関連本の話題。ゼクシィは500円で5cm厚の紙束が手に入る、とってもコスパの良い雑誌です*1が、リクルートの就職情報誌並みに情報過多なので、素人にはオススメしません。私はあまりの重さに購入断念しました。

*1:ほとんど広告。