読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「良かったら読んでね」エントリ集 かに編

これはシュンポシオン横浜用の、自薦「良かったら読んでね」エントリ集です。
シュンポシオン横浜とは? http://d.hatena.ne.jp/taknakayama/20081013/p1
「良かったら読んでね」エントリとは? http://d.hatena.ne.jp/atkura/20081030/p1

自己紹介

2008年頭に書いた自己紹介。

今年のキーワードはpublishing, ebooks, scienceの3つ。scienceといっても広いですが、特に数学が好きです。

音楽も好きで、ピアノを弾きます。あと、シュンポシオン横浜の翌日は第九を歌う予定です。*1

仕事のはなし

自己紹介にも書いている通り、編集者の端くれとして修行中です。修行中とはいえ(だからこそ?)あれこれ考えて、出来る限り良い仕事をしようと、日々もがいています。

紙の本について色々思いめぐらせたり、本の未来形?の電子書籍について妄想したりしています。

手元に置いておきたいと思ってもらえる本以外、電子書籍になってしまうのではないか。紙の書籍は、所有したいと思ってもらえる、限られたものだけになるのではないか

1年前の文章ですが、今読み直してもこの思いは変わっていません。むしろ確信に近くなっています。でも、どういう形状の電子書籍が流通するようになるのか・・・はまだイメージできません。AmazonやAdobeをウォッチしていれば良いというものでもないような。学術領域に限定すれば、データベース上にPDFを蓄積してブラウザで見る・・・ようになるのかもしれません。


なお、若輩者の身であれこれ語っている背景には、こんな想いがあります。

大人の努めは、希望のある言葉を語ることなのかもしれない。努めというと面倒だけど、言い方を変えれば、自分の仕事の自慢をして、相手をうらやましがらせちゃうこと。これって、大人の特権なんじゃないかな。

最近、仕事の話をあまり書いていません*3が、この心持ちは忘れずにいたいです。編集者楽しいよ、編集者。

番外編

なんだか仕事の話ばかり・・・! プライベートでは今年9月に結婚して、楽しい新婚生活満喫中です。が、旦那さん*4とセットで扱われるのはあまり好きじゃない、ひねくれ者でゴザイマス。

たったの4日間だけでしたが、私がシリコンバレーツアー、そしてツアーで出会った友人から受けた影響ははかりしれません。参加していなかったら、仕事を辞めることもなかったかもしれない。

ツアーに行ってなかったら、はてなダイアリーを使い始めることもなかったし、(前の)仕事を辞めることもなかったし、結婚もしていなかった・・・かもしれません。

*1:本日現在、風邪引きで鼻が詰まっているのでピンチ!

*2:本のカバーはなくて良いと思うのです。帯も要らない。そういうところにこだわるのは、本が好きな人だけだと思う。私も本好きだけど、装幀にこだわってほしい本と、中身だけ読めれば良い本があり、後者についてはカバーも帯も要らないから兎に角安価にして欲しい。

*3:書いていない理由は、書けることと書けないことの見極めが難しい! というのと、もがきすぎて言語化出来ていないのと、半々くらい。

*4:id:pho