読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際数学連合、ジャーナル出版に一言

Best Current Practices for Journals (August 2010) (リンク先:PDF。直接開きたくない方はこちらから。)

簡潔ですぐに読めますが、論文出版に関わる人にとっては面白い文章と思います。8月に発表されたものなので既に知っている方も多いとは思いますが。導入部分の一説を抜粋します。

ジャーナルは数学研究・コミュニケーションにおいて最も重要な道具の一つであり続けている。よいジャーナルは次に挙げる働きにより、論文の価値を高める。

  • quality control: The peer-review process evaluates and aims, inasmuch as possible, to certify the correctness, importance, novelty, and clarity of a paper.
  • improving content and presentation: Journal referees, editors, and publishers improve the quality of published manuscripts and provide feedback to their authors.
  • dissemination: Journals help to categorize the literature and help authors, readers, librarians, historians, and others to find relevant works.
  • archiving: Journals ensure that papers remain accessible. They help establish priority and certify the historical record. In addition, they provide tags such as volume numbers and document identifiers that can be cited and linked to.

1章は「Rights and responsibilities」というタイトルで、著者、査読者、ジャーナルのエディター・エディトリアルオフィス、出版社それぞれの権利と義務について述べています。
2章「Recommendations」はジャーナルそのものはどうあるべきかについて論じています。きわめて正論ですがそれをどう現実のものに着地させるかは関係者各位頭をひねって体を動かしているところでしょう・・・。