読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冠詞むずかしい

数日前から日向先生がTwitterで冠詞についてあれこれ取り上げてらっしゃる。仕事でメールを書いていて、最近何度か「aを使うべき? theを使うべき?」と悩んだのでタイムリーな話題だったので、同氏が紹介していた日本人大学生が冠詞を扱えないことをテーマにしている論文をさっと読んだ。

Collocations with Articles

  • What's the time?
    • the present time is uniqueなのでtheがつく。

Syntactic factors in Article Use

  • Matsui is the best baseball player in the world.
    • 最上級のときは基本的に常にtheがつく。なぜならベストなものはunique referentだから。

Pragmatic Factors in Article Use

道で通りがかった人にthe nearest drug storeはどこかと聞かれて"that's the right inside the terminal"と答える。この時点で返答者は質問者が「the terminal」がどこにあるかを知っているものだと仮定している。もし質問者が"where's that terminal?"といえば"Oh, you're not from around here."となるだろう。

Semantic Factors in Article Usage

  • That was the boy who broke the window
  • That was a boy who starred in the play, not a girl

1つ目はspecific and unique referent. 言い手も聞き手もそのboyが誰かを知っている。
2つ目のboyは劇中で主役をとっているのがboyである(girlではない)という意味だけで、どのboyかを示してはいない。unique referentではない。

Conclusionから抜き書き

Why are native speakers so good at using articles? One reason is that they know how articles are used in an abundance of fixed expressions. (略) On the other hand, native speakers can also process how syntactic, pragmatic, and semantic constraints on article use when producing a novel utterance.

One way is to encourage students to become aware of how articles are used in fixed expressions (略) A second way is to give learners a simple rule of thumb for article use for reference

という感じで、冒頭の日向先生の「定型フレーズでの冠詞の扱いと、自分で考える必要のあるときはコンテクストが大事だよ」というまとめ。

仕事で悩んだこと

通常、論文の要素であるtitle等はthe title, the abstract, the keywords等とtheを付けて書く。しかし複数形のときや「このジャーナルに掲載された論文は、それぞれの論文ページに中国語アブストラクトが入る」のような表現のときthe abstractsというか? an abstract / abstractsというか?を悩んだ。

ひとまずのFAは"In this journal, each article has the Chinese title/abstract/keywords in its own webpage"

日向先生tweetから使えそうなものを抜き書き





などなど、奥が深い。